スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本にいながらドイツで就職活動できる?


 ⇒ 初めての方はこちらからどうぞ

ではこの先、実際の就職活動の進め方について書いていきたいと思いますが、
その前にぜひとも一度ふれておきたい話題があります。

それは、このタイトル。
実は今の仕事をしていて一番多いといっても過言ではない質問です。

特に現在日本で働いている場合には、今の職場をやめないとドイツに移住できないので、次を決めてから退社したいというのはごく当然の心理だと思います。

ですがその上で、ここではぶっちゃけどうなの?という話を書きたいと思います。
希望的観測だけをのべても、誰も自分の人生への責任はとってくれないからです。

まず言葉通りの質問、つまり、
日本にいながらドイツで就職活動できるか?についていえば、答はYESです。

前回ふれた飲食店スタッフをはじめ、現地の日系メーカーや会計事務所でも、
日本から応募して採用されたケースが実在することを目撃しました。
そしてわたしが知る限りでは、これにはいくつかポイントがあります


ポイント1  現地雇用主への直接応募


ドイツ現地の人材会社を経由して応募する場合、企業の選考担当者に履歴書がわたる前に
まず人材会社の選考があると考えて間違いありません。そもそも人材会社というのは、彼ら自身が推薦できる人しか斡旋しないのですから。

そして日本からの応募の場合、まずここの一次選考を通過しないことが多いでしょう。

彼らの立場になってよくよく考えてみて欲しいのですが、
何十人と登録者がいるのに、どうしてわざわざ日本在住の候補者を推薦する必要があるのでしょうか

フライトに合わせて現地での面談アレンジをしなくてはならないだけでなく、
住居の確保、銀行口座の開設など、ドイツに来たら就労開始前にやらなくてはならないことが山積みなことを彼らは知っています。
似たようなプロフィールの候補者が2人いたら、まずドイツ在住の日本人を推薦するのが自然な流れです。


一方で、現地雇用主が掲載した求人広告に直接応募した場合は、こうした第三者による選考はありません。
あなたの履歴書は直接選考担当者に届く可能性が高くなります

求人広告の内容や掲載方法、期間によってライバルの数は変動しますが、ひょっとしたらあなたは5人の応募者の中の1人になるかもしれないし、30人の応募者の中の1人になるかもしれません。
仮に前者だったとした場合、人材会社を経由するより面談に呼ばれる確率はぐっと高くなるでしょう


長くなってしまいましたが、
このあたりは結構大事なテーマなので、次回に続きます _φ(・ー・ )

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
プロフィール

柏葉 綾子

柏葉 綾子
ドイツ在住のキャリアカウンセラー。ドイツで働くことを夢見て2008年に渡独。自身の経験と現地人材会社での経験をふまえて、ブログ「ドイツで働きたいあなたへ」を開設。
詳しいプロフィールはこちらへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。