スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学卒業後、すぐにドイツで働きたいあなたへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
→ 初めての方はこちらからどうぞ
→ ブログへのご質問、スカイプでの有料カウンセリングについては
  こちらをご確認ください
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


皆さんこんにちは。
在ドイツキャリアカウンセラーの柏葉綾子です。

大変お問い合わせの多いテーマなので、今日はもう一度
新卒採用についてふれてみたいと思います。ちょっと長くなりますが
タイトルに少しでも心当たりのある方は、こちらの記事とあわせて、
ぜひ読んで頂きたい記事になります。


まず最初に、お伝えしておきたいことが2つあります。

1. 「はじめに」で書いたように、このブログは私個人のドイツでの経験を基に書いています。
ブログでこんなこと書くのもなんですが、この情報が「絶対」なーんてことはありません。
そもそも、就職活動に「絶対」なんてないのですから。

2.  新卒一括採用制度は、世界でも日本や韓国など一部の国だけの独特な制度です。
ドイツをはじめ、多くのヨーロッパ諸国のホワイトカラーは、自国民でも
新卒は専門性や実務経験が足りず、就職に苦労することがあります。


上記をふまえた上で、補足させて頂くと
新卒でドイツで就職した日本人がいないか、といえば 「います」

なーんだ、いるんじゃないか。って感じでしょうか。( ̄▽ ̄)
まあ、何事にも例外はあり、0か100かで判断できる世界ではないわけですね。

個人的な印象としては2010年以前の就職者が多く(リーマンショックの影響かな?)、
最初は販売員や事務など比較的簡単な仕事で採用され、
そこからドイツ語を学んで転職
、というご経歴をお聞きすることが多いです。

ですから、実際にドイツで新卒採用された方からすれば、
「新卒採用は難しい」という言葉は心外かもしれませんね。
また、飲食店や食料品店に限っていえば、仕事はキツいですが新卒でもOKです。


次に、わたしが職務経験にこだわっている理由は2つあり
その理由の1つは、このブログを書き始めた当時、働いていた人材会社で
新卒の登録者にほぼ1件のオファーも出せなかったこと

職務経験も語学力も問わないお仕事、というのはある程度限られていて、
当時の人材会社はホワイトカラーのみ扱っていたため、
まあ、ほとんどありませんでした。

経験 ・ 語学力 ・ 資金のいずれかが足りず、直接ドイツに乗り込んできた方を
「ごめんなさい、新卒は〜」 「ドイツ語ができないと〜」 と、何人もお断りし
「そんなことも知らなかったなんて、自分は一体、なにをやっていたんだろう…」
と、悔し涙を流す人を見てきたわけです。

おそらく本人としては一大決心だったのに、自分は何もできない無力感。
リクルーターとして何度かいたたまれない思いをしたわたしが、
もっと現地の実情を知ってほしいと思って、始めたのがこのブログです

ブログ初期の記事がばっさり断言口調になってるのは
「もう誰にも、そんな思いをしてほしくない!」 「とにかく実情を知ってくれ〜!」
とかいう昔の私の雄叫びなわけです...。


そして2つめの理由は、私自身が日本で働いていて良かったと感じることが多いからです。
(なでしこVOICE 第2話「熱意よりも経験」)

海外就職は、ゴールではありません。通過点です。結婚と同じですよ。
あなたがいずれドイツで働き始めても、あなたは
その後何十年もずっと同じ会社で働くのでしょうか?
きっと、いずれは一人前になって、どこか他の会社に転職したり、
ステップアップを目指す時が訪れますよね。

新卒で飲食店などの長時間労働についた場合、
その後のステップアップにかなり苦労している方をお見かけします。
ホールスタッフ以外の経験がなかったり、語学を勉強する時間がないためです。

また、もし将来日本に戻る時が訪れた時
かつて日本で働いた経験があればそれを買ってもらうこともできるでしょう。

私自身がたどってきた道を振り返って思うことは、
自分が海外でキャリアに迷った時、日本と海外、
両方で働いておくと自分の中の引き出しも、キャリアの選択肢もふえる
ということです。

*ドイツでやりたいことがはっきりしている場合は例外で、
 これについてはまたの機会に書きたいと思います。



ということで、長くなりましたが、最後に
「それでも挑戦したい!」という熱い思いのある方は、ぜひ挑戦してください!

就職できなくて日本に帰ってきてもいいじゃないですか。それだって経験です。
選んだ後、自分がその行動を正解に変えていける生き方をすればいいのです。
わたしはこっちの方が可能性が高いと言っているだけで、
これが「正解」 と言ってるわけじゃないんです。あなたが選んだ方が「正解」なんです!

ちなみに、私がかつて新卒就職に挑戦できなかったのは、
雑誌のおっちゃんの言葉に説得されたわけではなく、
その言葉に反してでも挑戦する勇気がなかっただけ、と申し添えておきます。
そこまで自分に自信がなかったのです。( ̄▽ ̄;)



関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
プロフィール

柏葉 綾子

柏葉 綾子
ドイツ在住のキャリアカウンセラー。ドイツで働くことを夢見て2008年に渡独。自身の経験と現地人材会社での経験をふまえて、ブログ「ドイツで働きたいあなたへ」を開設。
詳しいプロフィールはこちらへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。