スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切なお給料の話


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
→ 初めての方はこちらからどうぞ
→ カウンセリングメニューはこちらをご確認ください

→ ブログへのご質問はolive☆happycareer.euまでどうぞ
  (☆をアットマークにかえてお送りください)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



最初に懺悔したいと思います。

このブログを書き始めてから、いつかお給料のことは
書かなくちゃなーと思っていました。

しかしずっと先延ばしにしてきた。

( ̄  ̄)

その理由は


・・・・・・・


「みんな、がっかりさせたらごめん」


えー本日は以上です。


と、言いたいところですが、今回もわたしの本音を書きますね。



まず、先日も書いたように在独日系企業で働く場合を前提としてですが、
セールスエンジニアなど専門性の高い仕事を除いた
ホワイトカラーの仕事(営業、事務、経理、アシスタントなど)では


1. 職務経験があることは、多くの企業での前提条件
2. 日本で職務経験があったとしても、初めてドイツで働く場合は一旦仕切り直し

というケースが多いです。


2は、ドイツでの給与は日本での給与額面に左右されにくい、ということ。
(あ、のどから手が出るくらいほしい人材だったら別です)

もうひとつは、ドイツ語が必要な仕事では
ドイツ語を使っての職務経験があるかないか、を必ず見ます。

そしてない場合、企業側にとってはかなり新卒に近いということです。


ドイツで初任給の場合、だいたい月収:2200EUR〜2800EURくらいになるでしょうか。
そのあたりは企業によって幅があります。

12回払いか13回払い(ボーナスがある)かも会社によって違うので
そこは運だめし...ではありますが、面談時にもちろん聞いてみてもよいでしょう。

ちなみに人材会社で働いていた頃のわたしは、
年収30.000EURもらえれば、在独日系企業の初任給としては
比較的人間的な方かな、と考えておりました。


しかしながら、大卒ドイツ人の初任給が
月3000EUR でスタートするケースをふまえると

また、デュッセルドルフなど大都市での
最近の著しい住宅家賃の値上がりをふまえると(バブルか!?)

決して高いお給料とはいえないかもしれません。



また、お給料の単純な比較が難しい理由は2つあり


1. かなりピンキリの世界であるということ

例えば、ドイツのキャリアでは新卒でも専門性、実務経験が問われるため
初任給月3.000EURの目安は、例えばマーケティング専攻者が
マーケティングスタッフとして専門性を評価されて入社した場合に限ります。

マーケティング専攻者がマーケティングのポジションにはつけず
総務アシスタントなど別の仕事に就いた場合は
もっと安いお給料で働くこともあるわけです。

かたや日系企業でも、もともとそこにあったドイツ企業を買収している場合
最初から会社に労組があるケースがありまして...
ドイツの労組というのは、大変強いんですね。

ドイツには産業別労働組合というものがあり
買収されたドイツ企業が、たまたまそうした組合に所属していると、組合で定められた
年間昇給率にあわせて、従業員の給与がどんどん昇給するケースなどもあります。

この辺りはもはや運ですね。ヽ( ´_`)丿



2. お給料が高い=手取りが多いとは限らないこと

収入が増えれば増えるほど、納税も増えていくのがドイツのシステムです。
独身でも、まあ30%以上は税金として持っていかれます。

100EUR昇給しても、手取りは50EURちょっとしか増えなかったり...
なんてよくあることだったりするわけです。

一方で、飲食店にお勤めの方の基本給は
事務職より低いことがほとんどなのですが

例えば高級日本食レストランで働いていて
お金持ちのお客さんに毎日ざくざくチップをいただける...

このケースでは事務職や営業職より、ずっと手取りが増えることがあります。
なぜなら....

チップ(Trinkgeld)には税金がかからないから!


他にも、遠距離通勤でかなりの交通費を支給されている。
→ 交通費にも税金がかからない!

昇給はしないけど、会社が商工会議所の講座受講料を負担してくれた
→ 隣の受講生より〇〇EUR得してるよ!


なんてケースもあるわけです。

ですから、給与明細の額面だけで会社の優劣を決めてしまうのは
ナンセンスだと思います。

そして、基本給が低いからといってあっさり転職してしまうと
手取りが少なくなる、というケースもありますので、この辺りは慎重にいきましょうね。

長くなったので、続きはまた次回。





関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
プロフィール

柏葉 綾子

柏葉 綾子
ドイツ在住のキャリアカウンセラー。ドイツで働くことを夢見て2008年に渡独。自身の経験と現地人材会社での経験をふまえて、ブログ「ドイツで働きたいあなたへ」を開設。
詳しいプロフィールはこちらへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。