FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地就活の手引き1〜滞在ビザ基本の「き」


それでは、ここからは実際にドイツで働くために、現地でどのような就職活動をする必要があるか、その基本の流れを考えていきましょう。

まずドイツで就職活動をするにあたって必要なもの、それは滞在ビザです。
わたしたち日本国籍の人は、ドイツに入国した時点で90日の観光ビザが自動的に発行されます。発行といっても、何かを手元に渡されるわけではないのですが、要はドイツに入国して三ヶ月までは特別なビザがなくても滞在できるということです。

ですが滞在三ヶ月で仕事が決まるケースばかりとも限りません。留学ではなく就活を目的とした場合の滞在では、下記二つのいずれかの形でビザを取得するのが妥当でしょう。


1.語学学校に通う学生ビザ

現地の語学学校でドイツ語を習得する場合、学校に通う間は大抵
学生ビザが発行されます。
(例外もありますので、事前に学校側の事務局に確認しましょう)

メリット
・年齢制限がない
・学校に通う間は簡単にビザを延長できる
・もちろん学んだドイツ語は就活に有利に働く可能性が大

デメリット
・授業料を支払うために、ある程度まとまったお金が必要
・就労制限がある


2.ワーキングホリデービザ

ワーホリの名で親しまれているこちらのビザの特徴は、
何といっても就労許可がついていることでしょう。

メリット
・お金を稼ぎながら就活できる
・業務で多少ドイツ語を使う場合、語彙やコミュニケーション能力が鍛えられる
・就職後、就労ビザがすぐにおりなかった場合でも、
とりあえずワーホリビザで就労開始することができる

デメリット
・30才まででないと申請できない
・一年間の期間限定であり、その後他のビザに切り替えられるとは限らない


なお、就労ビザへの切り替えの難易度についていえば、どちらも変わりません。
上記ビザでドイツ滞在している際に、特定の企業との雇用契約を結ぶことが肝で
その後の手続きはどちらのビザの場合もほとんど差異がないためです。

ですので、ご自分にあった方を選んでみて下さい。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
プロフィール

柏葉 綾子

柏葉 綾子
ドイツ在住のキャリアカウンセラー。ドイツで働くことを夢見て2008年に渡独。自身の経験と現地人材会社での経験をふまえて、ブログ「ドイツで働きたいあなたへ」を開設。
詳しいプロフィールはこちらへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。