FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

履歴書のホント2〜明確にプレゼンしよう



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
→ 初めての方はこちらからどうぞ
→ ブログへのご質問、スカイプでの有料カウンセリングについては
  こちらをご確認ください
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今日はかなり一般的な話になりますが、履歴書は試験の答案用紙とは違います。
目的としてはプレゼン資料に近いでしょう。
規定のフォーマットを穴埋めすれば正解というわけではなく、
きちんと自分が伝えたいこと、PRしたいことを重視した構成にすることが
肝要ではないかと思います。

特に日本語CVは、とりあえず市販の履歴書を穴埋めして終了…となってしまいがちですが
(もちろん必要最低事項をきちんと埋めることは大切ですよ)
それだけだと結局なにをPRしたいかが曖昧に終わってしまうこともしばしば。

英独語学力(TOEIC ○○点 or 日常会話に支障なし)
Microsoft Office スキル(見積、プレゼン資料作成経験)
などは箇条書きで構いませんので必ずのせましょう。

また履歴書の職歴欄には会社名だけでなく
これまでの主な担当業務も簡潔に載せることをオススメします。
営業として○○社開拓、経理として月次・年次決算まで担当
などなど、何を経験したかが一目で分かるからです。


で、この先が大切なところなのですが
これからあなたはドイツで一体何をやりたいのでしょうか。

・・・・ ( ̄ー ̄) .。oO

即答できた方は
「これまでの経験を活かして○○の仕事につきたいと思います」を軸に
関連性のある職務経験を重点的に記載しましょう。

関連性のない経験は割愛、または補足程度で構わないと思います。
Weniger ist manchmal besser.(時には記載が少ない方が良い時もある) とは
ドイツ人にCVを校正してもらっていわれた一言です。
結局何がやりたいのかな?この人、ってなっちゃうのはとても残念。

かたや「ドイツで働けるならなんでもやります!」という方にお尋ねします。
↑おっと、かつての私じゃないか(汗)

もしあなたがその案件の採用担当者だったとしたら、どんな人材がほしいですか?

・・・・ ( ̄ー ̄) .。oO

え、誰でもいい?

そんなわけないですよね。


特定の案件に応募する場合は、自分のどんな経験がその仕事に役立つのか
どんな風に会社に貢献できるのか、できるだけ具体的に書きましょう。


そして、できればここまでをCV 上に簡潔に盛り込む事をオススメ致します。
もちろん「詳しくは職務経歴書をご覧下さい」でもよいのですが…

前回の記事を思い出してみて下さい。
あなたが採用担当者だったとして、忙しい仕事の合間に
一日に20通の履歴書を読まなければならないとしましょう。

そう、あなたは忙しいのです。職務経歴書は、 全員分、読みます?

・・・・ ( ̄ー ̄)


やっぱり、CVを流し読みした時点で
お?(O_o) と思ってもらうことが肝だと思うのです。


ちなみに、毎日履歴書を読んでいると、
履歴書だけでその方のだいたいのプレゼン、アドミニ能力が見えるようになります。

私の場合、たまにピカイチの方を見つけると
多少語学力が足りなくても一度はインタビューしようと思ってしまいます。
本人の気持ちがあれば、語学なんてあとからいくらでもついてくるものですから。

ぜひご自身を少しでも高く見積もってもらえるようプレゼンしてみて下さい!!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
プロフィール

柏葉 綾子

柏葉 綾子
ドイツ在住のキャリアカウンセラー。ドイツで働くことを夢見て2008年に渡独。自身の経験と現地人材会社での経験をふまえて、ブログ「ドイツで働きたいあなたへ」を開設。
詳しいプロフィールはこちらへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。