FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本で準備すること


 ⇒ 初めての方はこちらからどうぞ

もしもあなたが今日本にいらっしゃって、これからドイツで働きたいとお考えならば、
日本で準備しておいた方が良いもの、その1は

何はともあれ職務経験 です。


時々ドイツで働くために、日本で使ったエントリーシートを送ってこられる方もいらっしゃいますが、いやいや、日本で就活が上手くいかなかったからといって、海外でならきっと上手くいく!なんて夢想は、とりあえず置いておきましょう。(; ̄ー ̄A

注:ただし、こちらで紹介したその3:レストランや接客関係に限っては、
もちろん新卒での挑戦も可能です。


日系企業に限らず、在ドイツの多くの企業で求められているものは、即戦力です。
彼らはあなたが会社に提供できるものは何か?を知りたいのです。

実は、ドイツにおける新卒は "Berufseinsteiger" と呼ばれ、特定の学科以外はかなり就職が難しいことで有名です。
驚いたことに、技術職にも専門職にもつけない一般学部を卒業すると、ドイツ人でも仕事が見つからないケースは珍しくありません。だから大学時代は必死に勉強するし、少しでも経験を積もうとインターンシップ(Praktikum)にいそしむ訳です。
いや本当、その勤勉ぶりには頭が下がります。。


そしてそんな海外に出て気付かされることは、日本における新卒一括採用、
新入社員研修やOJTは、稀に見るありがたい文化であるということ。
これは、いわば稼げる社員になるまで会社が先行投資してくれるわけです。日本の企業は他国のそれと比べるとかなり面倒見が良く、人を育てる独自の文化を持っています。
このチャンスを逃して一体どうするのでしょうか。


海外の日系企業は、人を育てるだけのマンパワーがなかなかありません。場合によっては人事部すらない時もあります。
仕事が回らなくても、フォローしてくれる先輩社員すらいないかもしれないし
ポジションによっては、6ヶ月の試用期間中に実力を発揮できないと解雇という可能性もあります。


また別の見方をすれば、最初から人員の限られた海外日系法人で働くよりは
まず日本で働いた方が、仕事のできる上司に恵まれたり
色々な仕事のやり方を目の当たりにできる(学べる)可能性が高いでしょう。

そしてその最初の職場環境が、
あなたのその後何年の仕事ぶり(市場価値)を左右する大切なものとなるのです。


少なくとも2〜3年、何かこれ!といった経験を積んでから海外にでてきても、決して遅くはないと思います。そしてその後で初めて、堂々と自分の能力をドイツ語でアピールしましょう。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 参考になります!

> ササキ様
コメントありがとうございます!
職務経験と語学力とお金があれば無敵です。
ドイツでお待ちしています!!

参考になります!

実は私もドイツで働いてみたくて、今23でどうすべきか、と思っていましたが、とりあえずあと3年働きます!
ドイツ語も習ってるので、並行して英語も勉強していき、職務経験を積んでいきます!
ありがとうございます!
カテゴリ
プロフィール

柏葉 綾子

柏葉 綾子
ドイツ在住のキャリアカウンセラー。ドイツで働くことを夢見て2008年に渡独。自身の経験と現地人材会社での経験をふまえて、ブログ「ドイツで働きたいあなたへ」を開設。
詳しいプロフィールはこちらへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。